私たちについて

「丸山さんから買って良かった!」

ジャンプアップでは、「中古車選びで後悔してもらいたくない!」という、自分自身が経験した実体験から、あなたのクルマ選びを 親身になってお手伝いいたします。

クルマを買うということは安心を買うということです。
ジャンプアップからクルマを買って良かったと心から思っていただけるよう、購入前も、購入後も、お手伝いさせていただきます。 ぜひ私たちのクルマを見に来てください。

スタッフより

私が初めて経験したクルマ選びは失敗でした ― 丸山 克樹 ―

自分が体験した中古車購入体験をあなたには味わって欲しくありません。
だから私は、親身になって正直な気持ちでご説明させて頂いております。


子供の頃からクルマに乗ることが大好きであった私は、 免許を取ってすぐに中古車購入を検討いたしました。18歳の時です。

 

車の購入方法についての知識がなかった私は、雑誌であれこれと調べていくうちに相場より20万円ほど安い車を見つけて、早速見に行くことにしました。

クルマの程度は一見悪くないようにも見えました。


それよりもこのエンジンの車に乗りたかった私は、はやる気持ちを抑えられず、
一目で念願の車を購入したのです。


お金をドブに捨ててしまった初めてのクルマ

 

しかし・・・待っていたのは予想もしない出来事でした。
購入直後から次々と電装系にトラブルが現れ、ある時は交差点の真ん中で止まってしまったこともあります。
発電機の不良でヘッドライトやメーター照明は暗く、窓も完全に閉まりきらないため、風きり音はうるさい。
ミッションもぎこちなく、友達からは「乗りづらい!」と一喝されました。
もちろん僕なりに良い面はあったのですが、そんな満足には至らないクルマを買ってしまったのです。
その他にも数々のトラブルに見舞われ、散々な思いをしました。当然、保証なんてありません。
お店は、納車した日からそれまでの態度が一転、連絡は受け付けてくれませんでした。

 

せっかくアルバイトで貯めたお金であこがれのクルマを購入したのに、お金をドブに捨ててしまったような思いをしたのです。

しかし、クルマを買い換えるようなお金はありませんでしたので、結局乗り続けるほかありませんでした。

 

本当に悔しい想いをしました。
こうして僕の1台目のクルマ選びは大失敗に終わったのです。

 

 

 

次はクルマではなく「お店」を買おう!

そして、次の車を購入する時には「もう失敗してなるものか!」と考え、
価格のみならず、車両の状態、保証の内容、お店の対応などを比較することにしたのです。

 

その結果、予算は少々オーバーしましたが、良い車を購入することができ、本当に気持ちよく乗ることができました。

トラブルもなく、お店の方もしっかりとフォローしてくれたお陰で安心できたのです。

その時、「お店選びは車選びと同じくらい大切なことなんだ!」とあらためて感じました。

 

 

 

初めてのクルマ選びは成功してもらいたい

当店が常に気をつけていること。それは、購入して頂いたお客様をがっかりさせないことです。

「中古車選びは当たり外れがあることもあるけど、ジャンプアップで買った車は失敗しないよ!」
とおっしゃっていただけたら、私はとても満足です。
その上で、お客様に喜んでいただければ、こんなにうれしいことはありません。

クルマ選びで失敗しない!自分が体験した悔しい思いをお客様にさせることのないよう、
しっかりしたクルマを販売し、安心できる顧客サービスをおこなっています。ぜひ「買ってよかった!」
と思えるクルマ選びをしていただきたいと思います。

スタッフのこだわり

私は、中古車の買い取り専門店として事業をスタートしました。
その中古車買取り店が、クルマを販売するようになったのにはわけがあります。

 

 

「中古車販売店に飾ってあるクルマってどのようなルートを辿ってくるの?」

そんな素朴な疑問から中古車流通に対し強く関心を持つようになり、大手の自動車買取り専門店の会社や、
自動車オークション会社に勤め、 その仕組を学んできました。 そして知識と経験を積んだのち、平成12年に独立いたしました。

独立当初、買取り専門店としてスタートして以来、思い出のたくさん詰まったクルマ、大事に乗ってこられた車、
転勤や引越し等で泣く泣く手放すことになった車、色々なご事情のあるお車を買い取らせていただきました。

さらに、今お乗りになっている車の悩みやご購入の相談、お客様の身の上の話までお伺いさせていただきました。

「購入の際の話と違う!」
「安さを望んで購入したが、やはりそれなりのものだった!」
「故障した際に粗末な対応をされた!」
「購入の際に伴う数々の諸経費が異常に高い!」

当然、こうした経験をされたお客様は中古車に対し、二度と関心を寄せたりはしないでしょう。
かつて私が体験したような苦い体験をされた方は多かったのです。

私は、これから中古車をご購入しようと考えている方が同じ失敗や後悔の道を歩んでもらいたくありません。
だからこそプロとして「これならば!」と太鼓判の押せる中古車を選び、
大切なお客様に堂々と販売する決意をするようになったのです。

お客様には「買ってよかった!」と心の底から喜んでもらい、素敵なカーライフを満喫してもらうために、
車とお客様サポートにはこだわり続けていきます。

どうか安心して、ジャンプアップのクルマをご検討ください。

 

 

お客様へのお願い

当店は、お値段だけで車を売っているお店ではありません。 いたずらに強引な値引き要求をされる方、現状渡しを希望される方はご遠慮ください。
安い車は他にもたくさん販売されておりますので、申し訳ありませんがお値段だけで車を購入されたい方は他店でお買い求めください。


厳選した質の高い車と安心いただけるサポートをいい加減なお値段として販売することはできません。
「ジャンプアップで買ってよかった!」と思えるような満足と安心感を手に入れていただきたいと思っております。

ようこそジャンプアップへ!

あらためましてこんにちは、丸山克樹です。ようこそジャンプアップへお越しくださいました。
ここで当店の紹介をしていきたいと思います。

その前に、少し私の話を聞いていただけますか?
いまでこそお客さんに頼られて相談を受ける立場ですが、こんな私も過去にはさまざまな失敗をしています。

 

 

初心を忘れないように・・

お客様にこちらの正直な気持ちが伝わらず、不本意な結果となり深く落ち込んだこと…。
何をしても努力の成果が得られず、世の中の人を半ば疑ってしまったこと…。
虚しさでいっぱいになり、強烈な劣等感を抱いたこと…。
お客様とのコミュニケーションが上手くいかず、結果的にご迷惑をお掛けしてしまったことがたくさんあるのです。そんな時、必ず見るものがあります。それがこの「オープン当初の思い出の写真」です。これは新規店舗改装工事の様子を撮影した写真なのですが、サラリーマンから意を決し、中古車業界で独立したのは30代半ばです。

あの時に描いていたもの。
あの時の大胆な勇気と大きな志。
将来への夢。

オープン当初の思い出の写真。いつまでも初心を忘れません。

見るたびに、このたった一枚の写真が教えてくれるのです。
「これから”お前の店”を頼ってお客様がご来店くださるんだ!がんばるぞ!!」今でも、この写真には励まされます。
私の一生の宝物です。これからもずっと初心を忘れないために、あえてここで紹介させていただきました。

独立当初の初心をわすれず、これからもお客様に頼られる存在であるべく、日々努力して頑張ります。

 

 

多くの車を並べるわけではなく、良質な車にこだわり販売しています。

記憶に残る車に乗っていただくために・・

当店は展示台数が約15台の小さな中古車販売店です。
その15台という数には、こだわりがあるのです。敷地目一杯に商品車を並べて、多くのの中古車を飾るのは可能です。適当な車を仕入れて、順序よく陳列していけばいいだけの話なので。しかし現実問題「そんなにたくさんの程度の良いクルマが見つからない」のです。
「管理の行き届いた質の高いクルマ」を全国各地から仕入れられるのは、1週間でほんの数台です。もちろん1台に対して高いお金を払えば、もっとたくさんのクルマを仕入れることはできますが、必要以上に、高いクルマを並べることは私のこだわりではありません。

当店は、「管理の行き届いたいクルマと安心を備えたサポート体制」を最大のテーマに少しでもお求めやすい価格で販売する!これがジャンプアップの売り方です。よって現在の展示規模が私の仕入台数からみて理想的な大きさなのです。

 

「まだ帰りたくない!」 子どもたちに人気のコーナー

店内の端にはテレビ、ブロック、サッカーボールそしてすべり台が置かれております。実は、この場所はある特定の人間の専用居場所といってもいいのです。

もちろん、ご家族連れで来られました可愛いお子さんにも喜んでこのキッズコーナーをご利用いただいておりますが、日中の営業時間外にも使う者がおります。

それは、ウチの子供です。
(笑)お客様との大事なお話を伺っている時に我が子でありながらもワイワイ!ガヤガヤ!走り回ったり、騒がれたりしては大変失礼です。とにかく、この場所で静かにさせようという私の作戦なのです。

 

店内キッズコーナー。お客様専用のはずが、自分の子供が遊んでいます(汗)

こうしてお客様からお手紙を頂けることは大変な励みになります!
これからも心の通った顧客サービスを継続したいとおもいます。

お客様からの「ありがとう!」が僕たちの励みです

店内にはこれまでお取引をいただきました大切な『お客様の声』がございます。

お喜びの声・お怒りの声など隠すことなく、ご覧いただいております。
当店にお越しの際はぜひ、お読みになってみてください。


また、クルマ屋さんというと、何か用がなければ行きづらいところと感じますが、 当店はそんなことありません。何も用件がなくても「顔を見に来ただけだから!」と お越しいただくお客様もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ構えることなく、リラックスしたお気持ちでご来店ください!
美味しいコーヒーを入れてお待ちしております。

営業時間のお知らせ

夕方、シャッターを閉めるワケ

ジャンプアップでは、私とスタッフの2名で展示車両のご説明を行なっております。


特に私は、お客様のフォローや商品の仕入れなどで席を外すことも多く、スタッフは 車検や整備、回送などで店舗を留守にすることもございます。
せっかくご来店いただきましたお客様から「誰も対応してもらえなかった」とのお叱りを いただいたこともございます。そのため、ご来店いただきますお客様にはこうした 失礼のないよう、事前にご予約をいただいております。

営業時間についてですが、しばらくの間は午前10時から午後6時まで、午後8時以降と、2部制で営業しております。定休日は特に設けておりません。なぜ2部制なのか?といいますと、大きな声では言えませんが、大きな声で言います。
平日の午後6時から8時までは閉店といたします!誰がなんと言ってもこの時間は店を閉めさせていただきます!これにはある事情があるのです。私には今、かけがえのない二人の子供がおります。上は小学生、下は保育園に通っております。実は、その下の子の保育園の送り迎えを私がやっております。

子供を迎えに行くのにお店を閉めてしまいます。(申し訳ございません)
お約束頂けましたら、その間はあなたのためにご説明させて頂きます。

一生懸命仕事ができるのは、かけがえのない家族がいるからです。
家族のサポートを受けながらこれからもジャンプアップを守ります。

月曜日から金曜日まで毎日、私も保育園に通っているのです。
保育園には朝8時半に送り届け、夕方6時には迎えとなります。そして8km離れた自宅まで45分かけて帰宅。
それから急いで店にUターンしたとしても午後8時がギリギリなのです。
このような事情により午後8時以降でしたら何時でもお付き合いします。


ご来店のご予約をいただければ、お客さまのためにお時間を確保いたします。

その分、お客様からのご依頼ともなれば深夜でも喜んでお話を伺います。夜間しかお時間 の取れないお客様も、来店のご予約をいただくことで安心してお車を見ることができますので、 どうぞ来店予約をご活用いただければと思います。

 

当店の顧客のみなさまにはご理解いただいているのですが、初めてのお客様はビックリされるかもしれません。しかし、家族のために自分の大事な役割だと思い、妻と役割分担 しながら続けております。そんな理由で夕方に閉店してしまうこともあるのですが(笑)、どうかご理解をいただければと思います。

家族を守る為に、目の前にいるお客様を守る

お店をオープンする時に自分に言い聞かせていたことがあります

「やるからには休みなんて考えるな!」「全ての時間はお客様のために使うこと!」

こんな意気込みで取り組み始めました。商売でしたら当たり前のことかもしれません。私も独立という覚悟を決めた以上、ほとんど休みなく働きました。定休日はあったものの、その定休日を利用して遠方納車に出かけたり、出張査定に出かけたりしておりました。しかし・・ミスが連続するのです。

お客様からのご依頼で希望ナンバーを取得するはずが、予約が遅れて予め決められていた納車日に納車することができなかったこと。部品の交換を忘れ、不具合を残したまま納車してしまったこと。約束の来店時間に外出してしまったこと。先約のお客様がいらっしゃったのにもかかわらず、ご来店いただいたお客様にその車を販売してしまったこと。買取り代金を当日準備できていなかったこと。


たくさんのお叱りをいただきました。
私は冷静になって考えました。お客様のために全ての時間を使おうと思っていたことが、結果、お客様のためにはなっていなかったということ。それでもなお、休暇をとることが私なりに抵抗があったのです。しかし、最近になってようやく気づきました。


なぜ、働くのか?
なぜ、お客様に厳選した車をお届けするのか?
なぜ、お客様を大事にするのか?
答えは愛する家族を守るためでした。家族を守るために、お客様を大事にするのです。そんな気持ちで日々頑張っております。


もし、あなたが当店のクルマをご購入いただけましたら、大切な家族を守るように、お客さまを大事にしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

©JUMP-UP All Rights.Reserved
Digital Convergence