私たちについて

自動車メカニック自らがあなたをサポート

自動車メカニックが運営する輸入車専門店「オートグルーヴ」
あなたの輸入車購入の疑問や不安を解決します。自分自身の良心に従い、仕入れを行ない、整備を行ない、あなたにその結果をお伝えします。ご購入してからも、あなたのアドバイザーとして、正直な対応を行なうことをお約束いたします。

スタッフより

「オートグルーヴ」 代表 平尾 裕介

 

オートグルーヴのホームページを見ていただき、ありがとうございます。輸入車販売店「オートグルーヴ」の平尾です。1982年生まれの輸入車が大好きな経営者です。初めての輸入車購入でも安心して乗れる「買ってよかった!」と思ってもらえる輸入車を販売しています。ぜひ、オートグルーヴのクルマをご購入いただき、楽しい輸入車ライフを満喫して欲しいと思います。

私は、「安心して外車に乗っていただくために、どのようなサービスをするべきなのか?」を考えた結果、しっかりメンテナンスを行ない、しっかりした販売保証をお付けして、購入後もオートグルーヴがしっかりサポートしていくことだと考えました。

近年、日本で販売されている国産車は、燃費や実用性ばかりが重視され、車自体の魅力が減ってきているように感じています。一方、輸入車は、走る喜びや所有する喜びなど「車を所有すること」「車に乗ること」自体も楽しめるのです。そんな、国産車には無い、魅力あふれる輸入車に安心してリーズナブルに安心して乗っていただくため、オートグルーヴを創業しました。

オートグルーヴから輸入車を購入していただいたお客様には、さらに車の楽しさを知っていただき、今までよりも充実したカーライフをおくっていただきたいと思っています。ぜひ、オートグルーヴで楽しいカーライフを手に入れてください。よろしくお願いします。

 

スタッフ紹介

オートグルーヴ代表「平尾祐介」

1982年、兵庫県宝塚で生まれて育ちました。 子供時代は、クルマやバイクが大好きで、小さい頃には、図鑑や絵本でクルマの種類を覚え、国産車、輸入車問わず、父でもわからないクルマの車種を言い当てたり、誕生日にプレゼントされたミニカーやラジコンを分解してしまうなど、クルマやバイクが好きで、構造も知りたがる、クルマ好きな少年時代でした。


16歳になると、興味はバイクに移り、独学でドレスアップやエンジンチューニングなどを行なうようになります。18才になると興味はクルマに移行して、「自分で整備したい」「自分で修理してみたい」と思うようになります。

Auto Groove創業者の平尾です。

子どもの頃から、将来の仕事は「自動車販売店をやってみたい」と思っていましたので、芦屋大学産業教育学科を経て、国家資格である自動車整備士免許を取得。知り合いが勤めていた関係で勧められた「いすゞ自動車」に入社することになりました。いすゞ自動車では、自動車の構造の基本を学べるトラックの整備を学び、普通車の整備を行なうようになりました。自動車メーカーで整備の基本を習得してから、その技術を生かして某自動車関係のメーカーに機械エンジニアとして転職、高度な機械技術を習得していきます。

そして、いよいよ、自分の子供の頃からの夢であった車屋さんになるため、行動を起こします。実は、自動車に詳しいというだけでは、自動車販売店を経営することはできません。クルマの仕入れルートの確保や、経営的な勉強、資金管理、そして何より接客応対やアフターフォローなども、出来なければなりません。 そこで僕は、数年かけて3社の自動車販売店に教えを請うべくお願いして、期間限定で修業をさせてもらうことになりました。そこでは、仕入れの方法や経営的なこと、多くの事を学びました。今でも、修行当時のお店とは、良好な関係を保っています。

一方、理想と違う現実も目の当たりにしました。
当時、中古車雑誌などで評判の良かった、大阪のとある輸入車販売店で勉強させて頂いていたときのことです。そこで見たものは、自分が理想とするクルマ屋さんではありませんでした。 そのクルマ屋さんがどんなことをしていたかというと・・クルマの価格は安い代わりに、諸費用は高めに設定して、それでも気にしない人がクルマを買っていきました。安いクルマを餌に人を集め、売り付けてしまうのです。車両価格は安いので当然保証はありません。運良く故障しないクルマを買ったお客さんは良いですが、古くて多走行のクルマばかりを販売しているため、多くのお客さんは何かしら不具合を抱えています。しかし保証はありませんので、お客さんは自分でなんとかしなければなりません。これでは、お客さんは、安心して乗ることができません。

僕は、これでもメーカーで整備を学んだ自動車整備士です。未整備の車がどれだけ危険なのか、知っているつもりです。タイヤの山もなく、ブレーキパッドもギリギリでも販売してしまうようなお店が、現実に存在するのです。それでも「安いから良いや」と買ってしまうのか、「後悔しない車を買いたい」と考えて、お店選びを慎重に行なうかどうかは、あなた次第です。

 

「良い自動車を買いたければ、良い自動車販売店を買え」

昔から言われる格言です。良いクルマは、良いお店に置いてあります。良い自動車販売店かどうかは、経営者の考え方で変わります。

「自分の理想とする輸入車販売店を持ちたい」必要な整備を行ない、安心できる保証をしっかり付けて、買う前も買った後も、サポートを行ない、それでいてリーズナブルに輸入車を買える、そんな販売店を作ることを決めて独立しました。

このオートグルーヴという輸入車販売店は、僕がやりたかった販売方針とアフターサービスを実現できるお店になりつつあります。事務所経費やその他の間接経費はお金を掛けずに、そのぶん良い車を仕入れて販売することに注力しています。メンテナンスは、メカニックとして自分自身の良心に従い整備を行ない、クルマの状況によって、都度最適な整備工場も使い分け、適切な整備をリーズナブルに行なうことが出来ています。

「どこまで整備をするのか?」「どこまであなたにクルマの状態を伝えるのか?」は、私の良心に従っています。もちろんアフターフォローも行います。当然です。アフターフォローは全責任を私が負います。お客さんのカーライフの相談を請け負い、一緒にドレスアップやカービューティなどの相談も行っています。 そんなオートグルーヴですが、ぜひ一度、僕のお店に来てみてください。きっと、私のことと販売しているクルマのことを、ご理解頂けると信じています。

©Auto Groove. All Rights.Reserved
Digital Convergence